症例のご紹介

一般歯科矯正治療インプラント

矯正治療の症例

【不正咬合のいろいろ】

叢 生(そうせい)

歯の向きが違うほうを向いていたり、歯列からはずれて生えていたり、デコボコに生えている状態をいいます。
乱ぐい歯、八重歯がこれに当たります。

あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に足りないので、凹凸に生えたり、重なりあって生えています。

開 咬(かいこう)

歯をかみ合わせようとしてもしっかり閉じず、つねに上下の前歯または横の歯が開いている状態で、オープンバイトともいいます。

あごを閉じてかみ合わせても、上下の歯にすき間ができています。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる出っ歯といわれるものです。上の歯やあごが前に出ていて、上下の歯がうまくかみ合わない状態です。

上の前歯や歯列全体が突き出ている状態をいいます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

かみ合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。